スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スノボって痩せない気がする

4日は男鹿展行ってきました~v

本当は1日に行こーって約束してて、行ったんですが。

美術館に到着すると私達の目の前に突如現れた残酷な現実


「本日は休館日です」

(;;)(;;)(;;)(;;)(;;)


ていうか調べとけっていう話(笑)
二人とも違うことは色々調べたのに休館日だけは気づかず(笑)


悔しさと空しさをバネに4日は楽しんできましたー!
時々「美術館の中ではお静かに」のルールを破ってしまいそうな
テンションの上がり方でした(笑)

頭の中で「風の通り道」を忠実にループさせたり
場面ごとのセリフ思い出したりして浸りました。

トトロの森がメインかと思いきや、ほぼ全てのジブリ作品ありました。
おもひでぽろぽろがだいぶ占めてた。


当然だけど、
風景を描く人って、そのレベルが高ければ高いほど
風景という日常の空間に対して
「この風景が描きたいんだ」って感情を
強く抱いて生きてきた人なのですよね。

あーきれーだなーってだけじゃないんですよ。

綺麗だな、また見たいな。
見たいな、以上に、撮りたい。
撮りたい、以上に、描きたい。
きっと。

描きたい、そしてもっと素敵に描きたい。

ほんとに強い深い感情なのだと思う。

そういう感性を持ちながら、
あらゆる風景にあふれたこの世界で生きることは
日常の中に心揺さぶる光景がどれだけあるのだろう、と
それはどんな人生なのだろう、と

そんなことを思いました。

なんか、絵描く人間らしい感想言えないけど。




最後に折り紙でトトロつくってみようコーナーがありました。
作りましたv(笑)
子供向けにしては難易度高かったです(笑)


-----------------------------------------------------------------------


6日は前代未聞の恐ろしい吹雪の中、今シーズン三回目のスノボへ行ってきました!
(なんか去年ほど頻繁じゃないなーもっと行かなきゃ^^)

車の中から見て勢いよくぶつかってくる大量の雪が
宇宙のアトラクションとかでよくあるワープのシーン(わかるかな)みたいで
ちょっと楽しんでましたけど(笑)
運転手「全っ然楽しくない!!(必死)」
運転手ごめん

滑ってる時も吹雪で、
一時目つぶってるのと変わらないくらい何も見えませんでした!(笑)
なんかふわっふわして無重力っぽい感じというか。
気がついてたら、あれ?私コケてる。みたいな(゜゜)
あれもなんか面白かったなー(笑)

調子乗って骨折とかだけはしないよう気をつけなきゃですねー(・・;

前見えない!!雪やばい!!ぎゃーぎゃー!(笑)
って言いながら滑るのも楽しかったけど
でもやっばスノボは青い空白い雪がやっぱり一番ですよねー


そして恒例の温泉→ご飯コース。
なんかどこ行くにしても帰りは温泉。温泉すきー^^

あー楽しかった^^ ^^
スケジュール無茶してでもスノボはいきたい!!


----------------------------------------------------------------

曲紹介~




最近、鮭P(Shake Sphereさん)の曲が凄ーーーーくお気に入りです。
とても癒されます。音が大好きです。
構成してる音全部好き、たまりません。

哀愁と色気のある和音に、心地いいベースライン 
って、私の好きの本拠地です。
たぶん私はこの方が音楽続けてる限りずっと付いていくんだろうな(笑)

やっぱ色気のある音が好きだわ………

品のある色気、かつスタイリッシュ。
冷たさと暖かさ、両方の要素を持ってるみたいな。

そんな音楽が好きだし、そんな絵が描きたい。


ベースラインの魔術師タグが不動のもの(笑)

↓『OVER』 鮭Pの代表曲です、他の曲ももっと評価されるべき!>< 





↓『優しい音色』
(原曲:Dixie Flatlineさん←just be friendsの)アレンジ鮭Pさん×Vo.☆彩☆さん 

これ・・・・・・もうほんと大好き。
心が洗われます。いつまでも聴いていたい。
なんで埋もれてるのかさっぱり分からない!

☆彩☆さんは声も選曲も良すぎる!絶対もっと評価されるべき~><




ネットの音楽を知らない人は「アマチュアの音楽の質<(超えられない壁)<プロの質」
と思ってるだろうけど、アマチュアだからこそ、ってのもあるよね。

純粋に「好き」「楽しい」を追いかけられるのがアマチュアの音楽なのかも。

売れないから路線変更とか、時代の流行を察知して取り入れるとか
本当にやりたいことを変える必要が出る可能性のあるプロは
アーティストであるのにも関わらず、ある意味「職人」として悩むんだろうな。

本当の意味で「アーティスト」を貫けるアマチュアだからこそ、
ファンはずっと一生付いていくことができるのかも。




スポンサーサイト

Comments

Comment form












       

Track back

トラックバックURL
→http://yukakosminds.blog28.fc2.com/tb.php/122-99d63280
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。